スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良和歌山散策記5

2013年09月07日 11:03

R0010871.jpg
熊野川に太陽が昇る
温められた水蒸気は上に上に登っていく。


R0010868.jpg
モーニングコーヒーを飲もう
隣のワンカップは昨日飲んだみたいだ。
飲んだ記憶がない

さて出かけよう

R0010872.jpg

熊野大社に


R0010873.jpg



R0010878.jpg



R0010881.jpg
大斎原(おおゆのはら)

R0010882.jpg

杉林を抜けて

R0010884.jpg
入ったとたん鳥肌がぶわーっと
これがパワースポットたる所以なのか?
早朝の静寂の中。凛とした空気が広がっている・・・・

熊野本宮大社はかつて、熊野川・音無川・岩田川の合流点にある
「大斎原(おおゆのはら)と呼ばれる中洲にありました。
当時、約1万1千坪の境内に五棟十二社の社殿、楼門、神楽殿や能舞台など、
現在の数倍の規模だったそうです。

江戸時代まで中洲への橋がかけられる事はなく、参拝に訪れた人々は歩いて川を渡り、
着物の裾を濡らしてから詣でるのがしきたりでした。
音無川の冷たい水で最後の水垢離を行って身を清め、神域に訪れたのです。

ところが明治22年(1889年)の8月に起こった大水害が本宮大社の社殿を呑み込み、
社殿の多くが流出したため、水害を免れた4社を現在の熊野本宮大社がある場所に遷座しました。

かつて多くの人々の祈りを受け止めた大斎原には、流失した中四社・下四社をまつる
石造の小祠が建てられています。

大斎原は、現在の熊野本宮大社から500mほど離れています。
熊野本宮大社から道路を隔てて、大鳥居(高さ約34m、幅約42m)が見えます。
その背後のこんもりとした森が大斎原です。
熊野本宮大社から徒歩10分





R0010887.jpg


R0010886.jpg

これで1泊ドライブは終わり。
さあ 嫁子供を迎えに行こう。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://benly95.blog43.fc2.com/tb.php/232-62c11739
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。