スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CT50

2012年06月30日 11:35



登山・ハイク・トレイル 
違いはなんなんだ。

山にカブでキャンプ・トレイル 
40年以上前に既に先人達が

今も昔も楽しいと感じる感性は変わらない。

1968年8月13日
〔新製品〕
ホンダCT50

「ホンダCT50」は、2輪車で初めての副変速機〈スーパートルク〉を採用し、大量積載や登 坂性能にすぐれ、ユニークな車体機構により、釣り、キャンプ、狩猟のレジャーから、河川、森林、ダムなどの工事、山間部の業務用として、我国で初めて登場した個性的な2輪車です。
スポンサーサイト

MOTRA

2012年06月23日 18:16


ああ可愛いよ MOTRA・・

工事車両のような無骨な黄色
戦車のようなアーミーグリーン・・

motra_1280_02.jpg

アウトドアにもピッタリ

motra_1280_03.jpg

キャンプにももってこい

昔のカタログを見ていると今より柔軟でレジャーの道具として楽しんでいる気がします。

モトラ。
可愛いのだがプレミアついて高い。
カフェカブにも参加できるカブエンジン派生型レジャーバイク

このようなマニアックバイクを販売できた素敵な時代です
可愛いので今回は変態バイクと言いません。(`・ω・´)


ホンダ・モトラ (HONDA MOTRA) は、本田技研工業がかつて生産・販売していた原動機付自転車。
1982年6月10日に発売開始。低く構えた車体にワイドブロックパターンの前後タイヤ、多彩な荷物の積載を可能にする大型キャリアの装備など、アウトドアユースを意識したワイルドな外観が特徴。後にこのスタイルは、同社の250ccスクーター「PS250」のデザインモチーフにもなっている。

搭載されるエンジンは、4.5psを発揮するスーパーカブ系の49cc空冷4サイクル単気筒。3速のロータリー式トランスミッションには「高速」・「低速」を切り替えるレバー操作式の副変速機が搭載されており、ローギア使用時には最大で約23度の登坂能力を発揮した。

販売当時はその特異性と、当時のメーカー希望小売価格が165,000円と50ccモデルとしては若干割高だったことから大ヒットには至らなかった。しかし生産終了後に人気が再燃。現在の中古車市場でも現存台数の絶対的な不足から高値安定の状態が続いている。


流行

2012年06月16日 19:18


タイヤを新品に交換
久しぶりに乗れる状態に
山道走りたい

オフ車ハンドル

2012年06月03日 01:19

RIMG0726.jpg

奈良のS氏に頂いたハンドル。
サイズはピッタリだ。
ワイヤーの取り回しも問題なし。

RIMG0727.jpg

フロントビューが引き締まる。

RIMG0730.jpg

ついでに部品交換会で手に入れた鉄ハコ
ミドルサイズ。
無骨な黒塗装がたまらない。


RIMG0732.jpg

何故オフ車のハンドルにはバーがもう一本付いているのか?
強度UPの為?
まあ細かいことはいいか。

すーさんありがとうございます。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。