スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UK

2012年05月27日 12:28

RIMG0717.jpg
大阪の老舗カフェ
15年前と変わらず店内は若者のエネルギーで満ち溢れている。


03達は取引を終え、カブの話で盛り上がる。
酒が飲みたい。



RIMG0712.jpg

見た瞬間に完食(ヾノ・∀・`)ムリ
スポンサーサイト

リスペクト

2012年05月26日 11:28



傑作を超えるのは難しい。
紛れもなく世界に誇る名車であろう

cub_2000913.jpg

46年間マイナーチェンジだけだったとは。
驚愕の事実である

cub_2120517a.jpg

フルモデルチェンジ
新時代のカブとして伝説は続くのか。それとも・・・

作り手の愛情が試される。
カブを好きな一人として、行末を見守ろう。





作り手の思いのこもった作品は素晴らしい。






カシミール

2012年05月23日 08:27


(・∀・)うほ
地形図まる見え

黄金の80年代

2012年05月12日 09:38



未来的フォルム
足元で切り替えるV-tacs
未来形変態バイク。
最高だ。


未来を夢見た少年は
30年後 
アナログなバイクに乗っている。

夢より遠い世界



ビート (Beat) は、本田技研工業が1983年11月18日に発表した、水冷・2サイクル50ccエンジンを搭載した50cc原付スクーター。
2段階トルク切り替えシステムV-TACS(Variable Torque Amplification Chamber System)の採用により、第1種原付の自主規制値に達する7.2psを7,000rpmで発生させる。
V-TACSは足元にあるペダルを踏むことにより作動する。
キャッチコピーは「高感度スクーティング」。

奥高野ツーリング

2012年05月01日 22:31

RIMG0390.jpg

集合前に時間があったので、1年ぶりの明日香へ
ヤマモト氏も来ていた。
おや 奇遇ですね。

新緑が空と溶け合う季節。

RIMG0394.jpg

さあ集合。さあ進もう。
男は黙ってツーリングマップル
ナビやスマホなぞ要らん
頼れるのは己の嗅覚

RIMG0396.jpg
高野町へ。

RIMG0398.jpg
ここでマフラーボルトの脱落に気づく。
スタッドボルトだけで支えられていた。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

もう少しでマフラーを落とすところであった。
今日の教訓
忘れるな 増し締め 予備ネジ タイラップ
出先のトラブルは怖すぎる。

RIMG0404.jpg
コバルトブルーに輝く川


RIMG0402.jpg
その川を繋ぐ味のある橋

RIMG0397.jpg
吸い込まれそうな空

RIMG0400.jpg

1000メートル級の山々に囲まれた大自然の中を進む・・・
山あり谷あり川ありとツーリングコースとしては最高。
走っても飽きがこない。楽しい。

RIMG0401.jpg


だがもう我々はただのツーリングだけでは飽き足らないのかもしれない・・・



RIMG0406.jpg

そう。これを待っていたんだ。
松ぼっくり林道(仮称)


RIMG0416.jpg

だが自然は優しいだけでは無い。時に恐ろしい一面も見せる。人の力をあざ笑うかのように。


帰りは高野山方面を抜けて帰宅。写真はとれなかったが、高野山に向かう733号も非常に美しかった。
雲海が見える場所みたいなのでまた訪れたい。

走行距離260km
走れるもんですね。景色がいいと疲れません。
皆様ありがとうございました。













最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。