スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラグ

2009年02月19日 22:16

今のカブにはDENSOのU20FS-Uのプラグがついてました。
このプラグはNGKでいうと熱価が6番と同等品です。
6番ということはベンリーや現行カブと同じ番号だったので、特に疑問に思ってませんでした。

イリジウムプラグに変えようかなと思ったので、プラグ適応表を見てみると
スーパーカブC70('69~'82.3)
C5HAとなってました。
たまたまコーナンで売っていたので購入。装着。

あれ?調子よくなった。
エンジンがかかりやすくなりました。
バックファイアーしません。

今まで、中速域でキャブ側からパンパン音がする。
(バックファイヤー 内燃機関において、混合気が燃焼室の外で燃焼すること。
吸気系での燃焼はバックファイアー、排気系での燃焼はアフターファイヤーと呼ばれる。)

中速域の設定が濃い。カブってる。

番号の低いプラグに変える(低熱価プラグは、中心電極の温度が上昇しやすく、低速でも自己清浄温度に達しやすく、碍子部にカーボンが付着しにくい。)=燃焼しやすい。

中速域の設定がちょうど良くなった。

てことなのかな?
結構アクセル全開にするほうだから、1つ番号が高いほうがいいのかなあと思ってたけど・・・
自分で書いていて訳わからなくなってきた。
ノーマル状態にはノーマルが一番いいということなのかな。
下手にいじらんないほうがいいんだろね。

ともかくバックファイヤーが治ってよかった。






スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。